コンデジでの接写について

最近のコンデジは機能も良くなり
気軽に写真しましょうの私には嬉しい限りです


特に接写は数センチから撮れる物がほとんどで
フィルムカメラの時代には考えられないほどです。

でもでも、昨日撮った小さな花などは
何度シャッターを押してもピントが正確に合わせてくれません


今回、オリンパスFE-46で撮影
スーパーマクロ機能(10cmぐらいまで接写可)を使用しました
P2190172-1.jpg P2190173-1.jpg

上は普通に自動ピントで撮影しました
2、3回シャッターを押し直しても同じ結果でした

下は少し被写体に寄り、ピントが甘いままフォーカスロックしてから
液晶画面でピントの合う位置まで移動しシャッターを切りました


この辺りがデジイチとの大きな違いでしょうか
ピントのMモードが無い場合の非常手段として使ってます

ピンボケの写真はどんな事をしてもピンボケですからね  



P2190195-2.jpg P2190195-3.jpg

後は撮影後にトリミングをする方法もアリかと思います。

こちらも同じように撮影しましたが
ピントの合った位置が思ったよりも離れてしまい
イメージよりも小さくなってしまいました

現在市販のデジカメはどれも1千万画素以上あるので
4切まででしたら1/3程度のトリミングなら問題ないでしょう




クオリティにこだわらなければ
コンデジでもかなりいい写真が撮れますね

                        管理人 さんちゃんのつぶやきでした^^  





ランキングに登録しています
クリックしていただけると励みになります^^






スポンサーサイト
[ 2011/02/20 11:17 ] さんちゃんのつぶやき | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naga2500.blog.fc2.com/tb.php/12-cd22c7ee